会社のこと(収益等)を知ることは自分の仕事につながる〜関係なくはないんですよ〜

スポンサーリンク

いくらですか?

どうも整備士です。

 

この不況のさなか弱小企業で働く社畜整備士ですが・・・ただ自分の整備の仕事をしていればいいという時代ではないですね。

下っ端社員とはいえど会社全体のことを少しでも把握し、なんでもできる、知っているマルチな人間でおらんといけないという大変な事態です。

 

 

なぜ会社の収益関係も知っておかなければいけないのか?

 

 

会社の売り上げ(純利益や単価等)を知っておくということは、今の自分の仕事はどれだけの売り上げでどれだけ利益が出ているのかを知っておくことと同じです。

ただ言われたことをするだけでは会社は良くならないかと。そこから先プラスαが大事です。

 

社風等はあるとは思いますが少しでも知れるなら知っておくだけで自分の働きは会社にとってどうなのかを見直すこともできます。

 

 

下っ端は関係ないなんて時代遅れ

 

 

自分の現在勤める会社では経営者がやたら数字を見ろだの利益だのと言いますが、いざこの会社はどれくらいの売り上げでどれぐらいの利益が出てるのか?単価は?と自分が聞くと・・・

「お前には関係ない!」

「俺の言うことを聞け!」

「バカにしてるのか!」

 

と意味不明な恫喝でしょうか逆ギレというのでしょうかそんなことがあります。というかありました。

 

そして最終的に出てきた言葉が・・・

「俺には数字なんかわからん!!!」

さすがにこの言葉にはドン引きしました。すぐ現場の人に報告して大笑い。

いやいや。おたくさん毎日のように数字数字言うてますやん!って突っ込みどころ満載なんですが、関係なくはないでしょう。
会社のことを考えて数字を教えてくれという社員に対して失礼と言いますか。もうアホとしか言いようがない発言です。

 

下っ端もいてこその会社なので下っ端にも是非数字を教えてあげて売り上げを上げる方法でも一緒に考えるくらいのことしないとこの時代生き残るのは非常に厳しいですよ。

 

 

 

経営者が数字を把握していなければ(できなければ)社員は信用しません

 

 

まぁ当たり前のことですが経営者の方々が自分の会社の状況。数字を知ってるのは当たり前だと思います。と言いますかそれもお仕事の一つなので自分みたいなもんがいうのは大変失礼なのも承知ですわ。

 

ただ世の中にはそんなことも知らず偉そうにし、従業員をいじめる会社も存在します。
そしてそんな会社の従業員は経営者を信用していません。

むしろバカにしています。

 

そしてやる気も出ませんわ。

もちろん売り上げ至上主義だけではいけません

 

会社は利益を得てなんぼですが、あまりにもお金だけを追いかけていてはお客さんは減る一方です。

顧客を満足させ、また利用してもらうようなサービスをしなければいけません。

 

売ったら売りっぱなし、放置プレイ。

 

こんなことしてたら誰も寄り付かなくなってしまうのは当たり前のこと。
売った後、来ていただいた後のフォローも大事かと。

 

だから売り上げのことも考えながら顧客には喜んでもらいと色々考えなければいけません。

 

 

 

収益や仕事は会社全体の団結力で決まる

 

 

収益を上げる。仕事が増える。
基本は会社全体(全員)が一致団結しないと叶わないです。

経営者vs従業員や従業員vs従業員など社内がガチャガチャしていては到底無理です。

クソについていこうと思いますか?

 

クソのために働こうと思いますか?

 

絶対思いません。

まずは社内の人間関係を良くすることは基本かと思います。いつまでもそんなことしていてはいつまでたっても弱小企業のまんまです。

 

 

まとめ

 

なんか偉そうに書いてしまいましたが自分が会社に勤めて教えていただいたこと、学んだことからこのようなことを書いてみました。

ちょっととんでもない会社に遭遇しましたので自分の忘備録でもありますがw

 

社畜として生きていくにもちょっとした工夫をしたいと思います。(良い会社に限るw)

スポンサーリンク