今日の整備 MAZDA アクセラ

スポンサーリンク

かかんないよ!

どうも整備士です。

 

本日の車はマツダのアクセラです。

 

 

しかし最近のマツダ車はかっこよくなりましたねぇ〜一昔前のマツダ地獄は何処へやら。

よく売れてるみたいですね。(島では軽自動車がダントツですが・・・)

 

アクセラの症状

 

 

エンジンがかからないとのこと。セルは回るがエンジンがかかりきらない状態です。

キュンキュンぶるん!

 

ストン・・・

 

という感じ。

エンジンチェックランプも点灯してます。

 

 

故障診断してみる

 

お次はエンジンチェックランプが点灯しているんでGスキャンⅡという診断器を車の診断コネクターにぶっさして診断してみる。ちなみにこの診断器70万円もします。(もちろんリース)

すると・・・どうやらエアフロの不良のようです。

 

5万キロ弱しか走ってないのにエアフロてとエアフロを外してみましたが綺麗なもんです。念のため掃除してもう一度トライしたんですが同じ症状・・・。

 

どうしようかなぁとふけっていたんですが試しにエアフロセンサーのコネクタを外してエンジンをかけてみました。

 

すると・・・かかった!どうやらエアフロで間違いなさそうです。

 

 

エアフロセンサー(メーター)とは

 

エンジンを電子制御する際に色々な情報が必要なのですが、エアフロセンサーはエンジンへの空気の流入量を計測する部品です。もしこれが故障してしまうと正しい空気の流入量が計測できずエンジン不調に陥ってしまいます。

 

 

新品のエアフロ到着!交換してみる

 

早速届いた新品のエアフロセンサーを交換してエンジンスタート!

何事もなかったかのようにかかりました。チェックランプも消して異常なし!ということで修理完了です。

 

無事治りました!

 

昔の感覚でいるとエアフロセンサーって結構高いからなぁと躊躇していたんですがアクセラのエアフロセンサーは1万円くらいだったので良かったです。

 

ということは・・・壊れやすいのかね?5万キロで壊れるエアフロセンサー・・・いかがなもんかと。

スポンサーリンク




2 件のコメント

  • ちょっとおたずねします。
    マツダのアクセラ(年式17年、走行距離16万キロくらい)に乗ってて、最近警告灯が点灯した為、修理を依頼しました。
    とくに乗っていて不都合や不具合、違和感はないのですが、警告灯ランプがついていて気持ちのいいものではないので修理依頼した結果、
    ディーラーにてO2センサーを交換することになりました。
    しかし、修理翌日には再点灯。どういう原因が考えられるのでしょうか?
    全く見当違いな修理をしているようで困っています。
    お知恵を拝借したいのですが、お教えいただけませんか?

    • 山下義亘様

      コメントありがとうございます。

      結構走行されておられるのですね。。。
      お車の状況を直接見てないのでなんとも言えないのですが、もう少し詳細にお教えいただければもしかすると糸口が見つかるかもしれません。

      平成17年式ですのでディーラさんではおそらくコンピューター診断にてO2センサーを変えられたのかな?と推測いたします。
      翌日また警告灯が点灯した(おそらくエンジンチェックランプですかね?)のでしたら、新品のO2センサー不良か何か違う原因かもしれませんね。

      お力になれずすみません。

      もし進展等ございましたらお知らせいただければ嬉しいです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です