最近の車のリコール半端ない!って話。〜なぜリコール件数が増えたのか?〜

スポンサーリンク

多いですなぁ・・・

どうも整備士です。

 

最近車のリコールが多発していますよね。あるメーカーのある車種なんかは5回とかあります。
もうドアのキャッチのとこにリコールステッカー貼れねぇよ!ってくらい。

 

なぜこんなにリコールが多発しているのかを自分なりに検証してみました。

 

 

過去から現在までどれくらいのリコールが出ているのか

 

まずは過去から現在まで年間どれくらいのリコールが出ているのか。

昭和44年から去年までのデータです。

 

 

国土交通省HPより

 

 

最初の頃は工作精度もイマイチゆえ故障も多くメーカー自体も経験値が少ないために若干の多い台数でリコールが出ていると考えられます。
そして、どんどん技術や工作精度の向上などによりリコール数が減ります。

 

近年のリコール数を見ると半端ないことがわかりますか?とてつもない台数がリコール対象になっています。
※細かいこと言うとその年の販売台数や車種が異なるため一概には言えないかもしれませんが・・・

 

 

 

なぜゆえこんなに台数が増えた?!

 

 

なぜこんなに増えてしまったのでしょう?

 

 

最新技術の採用

 

車は(どんなものでもですが)どんどん新技術を取り入れ進化しています。
そして法律により安全装置等の強制義務化も。

しかもどんどん難しく、複雑に。

 
そらぁテストしてるとはいえ実際使ってみると故障や不具合も出ますわ。

 

 

コスト削減による部品の共通化

 

バブルがはじけ、人件費、材料費も増え各メーカーもコストを下げるために部品の共通化を近年は当たり前のようにしています。ということは一つの部品が不良であればその車種も自然と増えていきます。

最近なんかはガワ以外はほぼ同じなんて車たくさんありますわな。時代の流れとはいえちょっと残念です。

 

 

1車種単独のバカ売れ

 

一つ上のコスト削減一環になるのですが売れる車種を作らなければ自動車メーカーも困ります。(1台の車の開発に何億円とかかるそうな。)そうすると自然と売れない車種は廃盤となりとにかく売れる車種を作ろうとします。

選ぶ方も売れてる車種(流行りの車種)を購入することによりどんどんその車種が増えます。最近は1車種の登録台数増加によりリコール台数も増えています。

 

 

 

まとめ

 

リコールが増えうんざりしてるユーザーの方もいらっしゃると思いますが・・・まぁ人が作ったものです。
仕方ないと思いますので広い心を持って対応していただければと思います。

 

とにかくリコールが出たらすぐディーラー等へ行ってください。もし万が一のことがあることもあるので。

スポンサーリンク