【必読】車にマットを敷きますか?〜気をつけないと事故りますよ!〜

スポンサーリンク

危ねぇぇぇぇぇ!

どうも整備士です。

 

車の純正マットの上にゴム製のマットや布製のマット敷いてますか?

 

こんな感じで。

純正マットが汚れるから敷くぜぇ!

って人もおるかと思いますが・・・

正しく使用しないと非常に危険なんですよ!

 

なぜ純正マットの上に社外マットを敷くの?

 

一番は純正マットが汚れるのが嫌やからという理由が多いでしょうな。
まぁこの時点で俺には理解不能。マットのためのマットて・・・

まぁ好き好きなんでお好きなようにすればいいんですが、確かに泥で汚れやすいところにしょっちゅう行くとか濡れているところにしょっちゅう行くなんて人は汚れがひどくなるから敷くでしょう。綺麗に乗りたい!って人もいるでしょうから敷く人もいます。

 

社外マットを引くとなぜ危険なのか?

下の3枚の写真をみてください。

 

わかりますか?

そう。

アクセルペダルとブレーキペダル下にゴムマットがかぶってる囧rz

これ非常に危険やと思いません?

 

もし万が一飛び出しで急ブレーキを・・・うぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!引っかかって踏めねぇ!って。

アクセル緩めようと足を離しても・・・引っかかってアクセル緩まねぇぇぇぇぇ!!!!!って。

 

簡単に敷いてはありますが非常に危険なんですよ。
もし運転中に引っかかってるのを見つけて運転しながらゴソゴソ直してって。もっと危ないですよ!

 

じゃどうすりゃええのん?

敷かないのがベストです。当たり前ですが・・・

ただどうしても敷きたいのよ!って場合は、

  • 敷いてみて、アクセル・ブレーキに被らないように敷く。
  • 敷いて当たるようであればハサミ等でその部分は切り取る。
  • そして一番大事なのが、必ずずれないように固定する。

ことです。
ずれ止め加工してある社外マットでもやはりずれます。なので、マジックテープ(ベルクロ)等で固定したり、純正マットの留め具に一緒に止める等ずれないようにしてください!

 

 

まとめ

入ってくる車で社外マットが敷いてある車はほぼ何らかの対策がなされておらず危ないなぁと思う車ばかりで・・・。

もし万が一!ってことはあります。

実際お客さんの車でひやっとしたこともありましたし、今一度見直しましょう!

 

スポンサーリンク