残業嫌いです〜残業しないことは悪なのか?〜

スポンサーリンク

忙しいでぇ〜

どうも整備士です。

 

突然ですが自分は残業大嫌いです。

死ぬほど嫌いです。

まだまだ日本では残業が美学(残業している人は頑張っているなど)ですが・・・(外国で働いたことないけど笑)

 

残業=残業代発生=会社のお金が従業員へ=会社収益落ちる

自分はこう考えています。

その従業員は残業代がもらえるからいいかもしれません。
ただ会社にとってはマイナスになることもあるということを忘れてはいけないと思います。

もちろん残業をしなければ仕事が回らないのであれば残業します。
あと残業してでも収益が上がる仕事であるのであれば残業すべきです。

残業することによって会社の収益(利益)が下がるのであれば残業したくありません。

だって会社がマイナスになる=利益減ってボーナス、給料減るなんて嫌なんで。

いつでも簡単に残業できる環境=定時内に終わる仕事を残業すればいいやと効率を落とす人もいたり・・・(実際いた。)

逆に定時終了を会社自体が支持すると・・・定時までに終わらせなければと集中して効率良く仕事ができるのでは?と思います。

もちろん8時間内に終わらない仕事もあると思います。
その場合は仕方ないと思いますが・・・。

 

究極な話。

明日できることは明日すればええのに。
何を生き急ぐ必要がある?やらないと命取られるの?

と思ってしまいます。

 

決して定時終了で定時内は適当に仕事するなんてぇのはダメです。

定時内にどれだけ自分が一生懸命仕事できるかです。

個人個人だけではなく、上司、会社自体がそのような動きになれば本当はいいんですけど。
上司は上司でその辺のマネジメントもしっかりしてもらいたいもんですわ。

 

自分が過去に勤めていた会社は残業するというだけで上司に書類書いて承認をもらわないと残業できないシステムでした。
会社も一体となって残業代も削減や!とやっていたので会社の仲間と自分も定時内で一生懸命仕事し結果を出してボーナスや給料をしっかり上げていただきました。

なのでさらに頑張って会社の利益を増やそうと努力しました。

 

もちろんこんな良い会社ばかりではないですが・・・。

今の会社なんてクソすぎて比べもんにもなりません。笑

てか少し頭が良ければわかると思います経営者の皆さん。

会社自体が良いサイクルを作ることによって最終的には会社(経営者)が儲かりますから。

まずはESを上げることを考えたほうが良いのでは?

従業員の満足度が上がれば自然と会社のためにと収益に繋がりますから。

 

まとめ

残業は悪ではないと思います。
てか残業してる人ってちゃんと定時内に仕事してたの?効率悪いんちゃうの?と疑ってしまいます。(定時内で終わらない仕事の場合は除く。)

定時内にきっちり仕事して帰って自分の時間、家族の時間を大切に。

そうすりゃ〜会社も自分も家族もうまくいくと思うんやけどなぁ〜

スポンサーリンク




3 件のコメント

  • 突然すいません。たまたま見つけて拝見しました。
    私も…そぅ思います。うちの社長と考えかたが
    似てる。ホントに…みんなが、そんな考え方なら
    いぃのに…と。会社にも自分にも…いぃ
    考えだと。^ ^

    • コメントありがとうございます!
      会社のトップから考え方を改めなければ残業が美学の考え方は一向に変わらないでしょうね・・・。
      会社なので色々な人がいて一生懸命な人、サボる人と・・・なかなか歯車が噛み合わないこともありますが自分はこの記事のようでありたいと常に思っています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です