コーヒーメーカーには負けへんで!〜カリタコーヒーミル〜

スポンサーリンク

挽きたてコーヒー最高!

どうも整備士です。

 

今回は大好きなコーヒーのお話でっせ!

自宅でコーヒーどのようにして飲んでますか〜?
缶コーヒー、インスタントコーヒー、コーヒーメーカーこの辺りが大体やろなぁと思います。
自分はひと手間かかりますがコーヒーミルを使って豆を粉にしてコーヒーを淹れています。
これが一番美味い!

 

コーヒーミルとはなんぞや?

簡単に言うとコーヒー豆を粉に粉砕する機械です。
コーヒって元々豆なのはご存知だと思います。

ドリップする人でも大半の人はレギュラーコーヒー(豆を粉にしたもの)を買うかと思いますが、粉のコーヒーって湿気を吸ったり、香りが飛んだりしてどんどん美味しくなくなっていきます。
と言いますか、粉にした時点から新鮮さが失われていきます。
豆の状態から、飲みたい時に飲む量の豆を粉にすることで毎回新鮮なコーヒーを飲むことができます。(細かく言うと豆の鮮度にもよりますが・・・。)

ということで新鮮な豆を挽くには2通りあります。
手動と電動です。

手動式はこんな感じ↓

ノブをグルグル回しながら豆を粉にしていきます。
昔ながらのやつですわ!

続いて電動式↓

上部のカップに豆を入れてスイッチオンでモーターが回転しカッターで豆を粉にしてくれます。

ちなみにこれは自宅で愛用しているカリタというメーカーのコーヒーミルです。

手動でグルグルなんてのも味があっていいんですが、なんせいつもバタバタ忙しい!
でも美味いコーヒーが飲みたい!
ってなわけで電動のミルが登場です。

 

ちなみにこの電動ミルは家庭用ですが業務用(プロ用)というのもありコーヒー界では有名なメーカーなんです。(ミル買うまでは知らんかった)
豆のひき具合はダイヤルにより10段階で調整でき、細挽きから粗挽きまで対応していて非常に便利です。

 

ただですよこのミル。
粉が若干飛び散り周りがコーヒーの粉だらけになるんですわ。粉が出てくる口の部分にも粉がびっしり!

あと下の受けに使われているステンレスのカップなのですが、粉が静電気なのか何なのかピタッと張り付きます。なので手で少し叩きながら粉を出さなきゃいけない。

 

 

まとめ

ほんのちょっとした不満はありますが総じて買ってよかった!&毎日ありがとう!です。

次回はこの粉を使ってのコーヒーの入れ方についてお話しします。

 

スポンサーリンク