車のバッテリーが上がってしまう時期到来!〜冬場もですが意外と夏場もバッテリーは上がるお話〜

スポンサーリンク

エンジンかかんねぇぇぇぇぇ!!!

どうも整備士です。

 

いやぁ〜今日は寒いわ囧rz

こんな寒い日は車のバッテリーあがりまっせ。

 

昨日までは元気だったはず・・・なんてよくお客さんから言われること多数。

そうなんですよ!最近のバッテリーは突然死ぬんですわ。

今日はそんな車のバッテリーあがりの話でもしますかね〜

 

車のバッテリーはなぜ突然上がるのか?

ford-1111644_960_720

それはですね。

最近のバッテリーの性能が上がったからなんでよー

昔のバッテリーは乾電池のように徐々に徐々に弱っていく・・・って感じで所有者にもあっそろそろやななんてわかりやすかったんですけどね。

 

最近のバッテリーにおいては最後の最後まで頑張ってくれて、ある日突然ぽっくりと。

とまぁ最近のものはこんな感じなので、整備工場などにおいてあるバッテリーテスターなんかで調べてもらって交換時期をどうするか?自分なりに検討またはアドバイスをもらう方が無難ですわ。

 

バッテリーの上がる時期

man-597008_960_720

多くの人は冬の寒い時期だけ上がるもんだと思ってるのが大多数。

間違ってないんですけどね。

 

でも意外と夏場も上がりやすいんすよ!
夏場はエアコンを使いますよね?

エンジンがかかっていると当然発電機(オルタネーター)が発電してるのでバッテリーは関係ないと思われがちですが、夏場は電力消費量が多く、オルタネーターも一杯一杯。バッテリーに充電する余裕が少ししかないため、充電があまりされずバッテリーが上がってしまうことが。

新品とかであればそこまでやけど、数年使い倒したバッテリーにとってはきつい。

 

アイドリングストップ機能搭載車のバッテリーが高い理由

car-engine-231213_960_720

そういや最近はアイドリングストップのついた車両が増えてきましたよ!

信号待ちではエンジンが止まって・・・って再始!

 

よーく考えてみてん。普通の車より倍以上エンジンをかけまくるアイドリングストップ車両。
バッテリーも相当強いものでないと即死ですわ。

各社アイドリングストップのメカニズムが違うので一概には言えないけども、某社の車両はメインのバッテリーでアイドリングストップ時の電力確保、スタートをしているのでバッテリーは酷使されがち。

なので通常のバッテリーよりさらに強化されたバッテリーを使ってると言うか使わないと。
何が強化されてるのよ?と言うところは専門的な話になってくるので詳しく話しませんが、

まぁ簡単に言えば、バッテリーの中の部材を高級品使ってるのよ!と言うところ。

 

ホームセンターとディーラーなどのバッテリーの違い

demon-1106988_960_720

バッテリーを買わなきゃ!と。
さーてどこで買いますか?

安さ一択ホームセンター?

高いけど交換面倒だしディーラー?

 

車に詳しい人、触れる人なんかはまぁやっすいホームセンターバッテリーでもええと思います。
実際自分もそう。

自分で交換できるし、何かあっても対処できるし。

ただホームセンターバッテリーの一つ弱点というか、安かろう悪かろう。は存在してますわ。

安い分性能低め。よって交換サイクルは短いっす。
一般的には

乗り方にもよるんですけどね。

 

一方ディーラーで買うバッテリー。
いやぁ〜高いだけのことありますわマジで。

持ちが半端ない!
自分が所有していた車も新車から純正バッテリーで7年持ちましたわ。

トータルコスト考えるとホームセンターバッテリーよりもええんやないかと思いますよ。
その場の支払いは結構痛いけどね・・・。

 

バッテリー交換を自分でする場合

sign-791333_1280

バッテリー交換ぐらい自分でやってやるぜ!!!って思うでしょ?
でもバッテリー交換って結構危ないことなんですよ。

バチっと!痛いわ工具溶けるわ最悪車壊れるわなんてことになりかねないっす。(実際壊す所有者多数いた)

 

自身のない人は絶対しない!が鉄則ですわ。

自分でやる場合のおさらいをしますか?

  1. エンジンは切る
  2. ボンネット開ける(車種による)
  3. バッテリーのマイナス端子を外す
  4. バッテリーのマイナス端子をガムテープで塞ぐ
  5. バッテリーのプラス端子を外す
  6. バッテリーのプラス端子をガムテームで塞ぐ
  7. バッテリーステーなどを外してバッテリーを取りおろす
  8. 新品バッテリーを載っける(このとき端子にカバーがしてあること。してなきゃガムテなんかでカバーする)
  9. バッエリーステー等取り付ける
  10. バッテリー端子のプラスのみカバーを外しプラス端子を取り付ける
  11. バッテリー端子のマイナスのカバーを外しマイナス端子を取り付ける
  12. 作業完了!エンジンかけてみる!

ざっとこんな感じで。

ポイントはマイナス外してプラス外す。そのとき必ず外した端子にガムテープなどでカバーすること!

端子むき出しのまま動かしたり、工具が触れたりしたら・・・最悪バチッ!ってなるんでね。

あと最近の新しい車においては先に行ったようにコンピューターで制御されているので、バッテリー交換でコンピューターがリセットされる。

車種によってはそれらをさらにリセット、調整等を行わなければいけないこともあるのでなるべく自力ではやめておいた方が良いですよ。

 

まとめ

ということでよくあるバッテリー上がり。

これからどんどん寒なるし、日々車にも気をかけてほしーなーとおもーとる整備士のおっさんでした〜
っていうてる自分の車がバッテリ上がったりするんやけどねw

スポンサーリンク