自分の思う新人論〜会社に入ってまずは何をするのか?そしてうまくやっていくコツ〜

スポンサーリンク

なんだかねぇ〜

どうも整備士です。

 

今現在の仕事でものすごく気になってることがあるんですよ。

それは・・・部下(になる予定の人たち)の仕事がま〜遅いこと。
遅いというのを通り越してのんびり囧rz

まぁ現在の会社は設立されて数年の新規の会社。
そして人員も中途採用の寄せ集めのような感じなんすわ。

かくいう自分も寄せ集めの一人ですけどね。

 

みんな中途採用ではありますが、ほぼ新人みたいなもんでしょ。(経験が浅い人も多いので)

ここで賛否両論あるとは思うけど、自分の持論である新人論をお届け兼自分への忘備録として!

 

新人の仕事とは何か?

新人の仕事って一体何をすんのよ?と。

通常であれば先輩にぴったりくっついて1から10までいろいろ教わって・・・ってのがデフォルトかなぁ?

 

ちなみに自分たちの業界でもまぁ大体そんな感じかと。
いきなり1人で飛行機整備してくださーいなんて無謀なことはさせません。

ただね。

1から10まで教えてもらうだけ。いわゆる受け身というのは・・・困るんですよ。
自分から率先して勉強したり、質問してみたり。

要は自分から動いてみるってのが大事なんですわ。

 

もちろん勝手に動いても大丈夫なのか?なんて心配があるかもしれませんし、勝手に動いた結果怒られた!なんてことあるかもしれない。
でも。これって側から(上司や先輩)からみると、お!あいつはやる気あるな!色々教えてやろう!なんてことにもなるんです。

 

まずは自分から率先して動いてみる!ということが仕事だと。

 

とにかく自分できることを探しまくる

上司や先輩に言われたことを言われた期限内に仕事する!
まぁこれは当たり前っちゃ当たり前の話。

これも受け身の仕事。

 

それ以外はやらなくていい?言われたことだけでいい?

 

それでは・・・ちょっとね。

 

先ほど新人の仕事は率先して動くこと!というたけど、何をよ?と思うでしょ。

それを探すのもまた新人の仕事。

これって先々仕事を覚えて任されて、そして自分に後輩や部下なんかができた時に絶対思うのよ。

なんだよこの新人(部下)は。いうたことだけしかせんのかい!!!!気が利かんな!!!!って。

 

上司や先輩ってわがままな生き物です。

痒いところに手を貸してあげてください。

 

先輩や上司の先を読む

自分たちの仕事の場合は、ある一つの作業に対していくつもの工程があります。
その幾つのも工程をこなすのには、工具や部品、機材なんかが必要になってくるんですわ。

新人はまず徹底的にその内容を覚えて、どんな道具や部品、機材が必要なのか?などなどたくさんのことをメモなどを取りながら先輩や上司の作業を補助したり実際作業させてもらったりします。

 

これって単なる仕事のやり方を覚えるだけの話じゃないんです実は。

 

そう。

ここまで言えば何を言いたいかわかる人いるのかな?

新人にはできない仕事がいくつもある。ということは上司や先輩は山のように仕事を抱えてます。

 

仕事を覚える=先輩や上司の先を読むということでもあるんですわ。

覚えた仕事をしている時、準備作業や次にいる工具、材料、機材なんかを的確に準備し、上司や先輩をサポートし業務をスムーズに推し進めることも新人の役割でもあるんです。

 

はぁ?上司や先輩のコマ使いじゃねーんだよ!と思ってるあなたへ

そうですよねー

自分も新人の頃ある先輩と仕事した時だけはそう思ってたw

 

マジふざけんなよー!って。

 

でもね。時間が経つにつれ、経験を重ねるにつれ・・・そうなっちゃうのよねー。
あっ。でも自分は部下の手柄を自分のものにするとかあーいうくだらないことはしませんよ。(されたこともないけど)

どっちかっていうと上司より部下(新人)と仲良くしてる方が自分的には楽しいので。

 

コマ使い・・・と思ってる時点でまだまだ青い。まだまだ新人。まだまだその仕事分かってないんじゃない?的な。

まぁねー。最初はってかしばらくはしんどいこともたくさんある。
正直辞めたい!!!ってこともたーくさんある。

 

でもそれを乗り越えてこそ!なんよ。

あーでも先輩や上司による。これはありますわ。大いに。
やっぱり合う合わないとかあるから。

この人やだなーと思ったらまっしぐらでやる気なくなるw(ある程度経験積んで中堅ぐらいになるとそうでもなくなるけど・・・)

 

まっ全てのことは新人本人のやる気次第、自分から行動するかの話なんですけどね

上司や先輩なんかが新人にとやかくいうたって結局は新人のやる気の問題なんですけどね。

 

自分は就職する前からなんですがこんなふうに思っていました。

「先輩方はたくさんのライセンス(資格)を持っていて自分にはできない仕事をたくさん抱えている。」

「だったら自分ができることは一体何か?」

「自分個人の仕事は当たり前だが、先輩の仕事のサポートも完璧にこなしたい!これが新入社員になる自分の使命や!」

 

と。
実際何をやってたかというと、先ほど言ってたように先輩の先回り。

次の作業で先輩が必要としてる工具はこれだな!

先輩が〇〇をしてる間に次にする△△の作業の準備をしておこう!

 

こんな感じ。

実際、先輩方には喜んでいただき、逆にたくさんの知識や経験を自分に与えてくれました。
それが嬉しくてまたどんどんこっちから動いてと・・・。自分の中では良い循環だったのかな?と。

 

ということでいっくら上司や先輩が願っても結局は新人のあなたの行動次第でよくも悪くもなりまっせーってこと!

 

と偉そうに言って見たけど世間のひどい上司たちは嫌いなんでそこんとこよろしく

なんか読んでたらふつーのサラリーのおっちゃん(社会ではまだまだ若造なんですけどね)が御託並べとるでーと思われるかもやけど。

 

世間におるひどい上司や先輩は大っ嫌いなんですわ。

 

最近よくテレビで言うてたパワハラ上司。

仕事のできねークソ上司。

まぁたくさんの種類のとんでも上司、先輩がおりますけど・・・あれらにはならないように心がけてますので悪しからず。

 

新人含め最強のチーム作りをしたいと思う

なぜ新人論を急に唱えた?

それはですよ。

 

新人を含め会社の中での、他社の中での最強のチーム作りをしたいから!

一緒に同じ仕事をする仲間。
年はバラバラ。経験もバラバラ。

だけどね。

仕事もバラバラ。なんてのはやっぱりね。一致団結して仕事を推し進めたいんですよ。

 

熱血感溢れるオヤジと化してますが、仕事楽しいので。

 

 

まとめ

新人のあなたへ。

率先して動く。
自分のできることを探しまくる。
上司や先輩の先を読む。

 

ぜひやってみて!

少なからず自分はそんな部下、後輩が一番好きやわ。
そしてそんな部下、後輩にガンガン仕事を教えたいし、伝えたい!

スポンサーリンク