自分の人生は元々オマケみたいなもの!って考えると生きてるだけで素晴らしいのかなって思える件

スポンサーリンク

死ぬときパンツ一枚でも履いてりゃ勝ちだってよ!

どうも整備士です。

 

明石家さんまの言葉ってめっちゃ好きです。

 

人間生まれてきた時は裸。死ぬ時にパンツ一つはいてたら勝ちやないか。

生きてるだけで丸儲け。

 

確かに。

生きてると色々辛いことや悲しいこともたくさんありまさー

でもね。

 

明石家さんまの言葉や自分自身の生い立ちを考えると・・・なんか生きてるのって凄いなって。

嫌になることもたくさんあるけど・・・そんな嫌なことも人生のイベントとして楽しまなきゃいけないんだろうなぁって。

 

自分の人生は元々オマケなのよってこと

自分は生まれるべくして生まれてきたのか?

まぁ普通そんなこと考えませんわ。
よっぽどのことがないと。

波乱万丈な人生を歩んできた自分は考えちゃいます。

 

なんか最終的には自分の存在が周りを悪くしていってるんじゃないのか?と鬱々した考えになってみたり。

 

あっ。

 

重苦しい話になってるんで話題変えます。

 

実は自分は望まれて生まれてきた子ではない。

 

と自分が小学校高学年だか中学生だかの時に母親に話をされたことがあります。
そんな話をする親がいるのかよ。鬼かwと思われるかもですけどね。

良くも悪くも正直な母親だった(49で亡くなってます)んですけどね。

 

まー簡単に言いますと自分ができて産む産まないで家族で揉めたようですよ。
父親も母親も自分を堕ろそうかと考えていた。てかそうするようでした。

そんな時母方の母(ばーちゃん)が猛反対。

そして俺産まれる。

 

「自分がこの世にいるのはばーちゃんのおかげなのよ」って。

 

おいっ!

 

と親に言いたくなるのが普通なのかな?
自分はへぇ〜となぜか人ごとの世に聞いていたのを今でも覚えてます。

 

そうです。
自分の人生は元々なかったもの。

ばーちゃんの猛反対がなければ。

 

全てはばーちゃんの猛反対のおかげ。
ってことで自分の人生は元々オマケみたいなもんやなーなんてたまに思って生きてきました。

ラッキータイムが何もなければ80年前後もあるという。(80まで生きれるかは不明だが)

 

生きるって俺にとってオマケだから全ての出来事は全て素敵なこと!?

そんなラッキータイムを既に33年消費しましたがあと50年くらいあんのかな?

 

人生いろいろありますよねー。

って一言で済ませちゃぁいけないんでしょうけども。
でも俺は一言で済ます。

だってだってだってなんてったって自分の人生は生まれてきたところからオマケなんだからねーって。

だから辛いこと、悲しいこと、楽しいこと、嬉しいこと。

 

全てが素敵なこと。

 

辛いこと悲しいことってその時はやっぱりしんどかったり、嫌になったりするじゃないですか?
でも思い返してみてん。

今まで過去にあった辛いこと悲しいことって今になると・・・さほどでもなくない?

時間経ってますしね。

 

今となっては苦い思い出的な感じになってませんか?

そういうことです。
思い出ってどんなことでも素敵なことじゃないですか。

素敵というか生きてるからこそ出来事があり、思い出があり。

 

生まれてこなかったら何にもないんですよ。

 

まとめ

そんなこんなで自分の人生もまだまだ色々なことが待ち受けてるんですけど・・・

まぁ良き思い出になるように良いこと悪いことひっくるめ素敵な人生を送るんですよ♪

 

っていうてる側で長女はインフルエンザB型でただいまダウン中。
っていってる側で別居してる嫁もインフルエンザA型でただいまダウン中。

とまぁこれもまた良き思い出となるんでしょうが、何もしてやれない不甲斐ない思いをしておりますわ。

 

ガッテム!!!

スポンサーリンク