自分のセンスだけで働くといいことないってよ経営者やお父さん!〜ドン小西のしくじり先生に思う〜

スポンサーリンク

へぇ〜

どうも整備士です。

 

久々にテレビを見てるおっさんです。
面白いテレビねぇ〜と思いながらしくじり先生3時間スペシャルなるものを見ていました。

本日の先生はドン小西。

 

あ〜ファッションチェックのおっちゃんねってあんまし興味なかったんですけど・・・
話を聞いていくにつれ、おっ!?と思うことチラホラ。

 

自分のセンスだけで周りに耳を傾けず、流行にも流されずに仕事をしていたというドン小西氏。
そこから転落の人生を歩んだとか。

 

これって会社の経営者や重役、管理職の人間、家族の長でもあるお父さんにもあてはまるんじゃない!?って感じましたよ。

転落までは行かずともぐずぐずになったりする・・・そんな人世の中に結構いたりするよなぁ〜。あっ俺もかも。って思っちゃったり。

 

ということで今回はドン小西氏の発言に思うお話ですよ。

 

自分のセンスのみを信じ仕事、家庭を運営すると・・・

運営って。ええ言葉が見つからなかったんで運営で。営み?もおかしいかな?

まっそんなことはさておき、自分のセンスのみで色々と行うとよくないと。

 

センス?

センスってどういうふうに解釈するかにもよるんですけども

自分的には、良識、思慮、判断力、感覚といった理解ですかね。

 

要は自分の経験や考えのみで動くと解釈しとります。

 

仕事でも家庭でも自分だけの考えで動くと周りとの協調性はなく、自分勝手な感じですわ。
どんなことでも自分のセンスで・・・これって単純に考えれば・・・どうなるかは大体の人が想像つくと思います。

 

そうです。何でも自分のセンスだけで生きてると上手く行かないことばかりではないか?と。

 

周りに耳を傾けない!それは危険すぎる判断?

自分のセンスのみで誰の意見も耳を傾けない。

それで成功している人がいることもまた事実。

 

自分の道を突き進んで成功した的なサクセスストーリーもありますけどね。ほんの一握りでしょ。
凡人からすればそれは自己中であり、協調性がないただのプライド高いマンでしかないんですよね実際。

そんなサクセスストーリーでもある人の話を受けてってことやあることに着目してってやっぱり何かしらの外部の影響ってのは少なからずあるんじゃないかと。

 

やから耳を傾けることはやはり大事。

 

傾けるだけでもいいと思うんです。

 

一切傾けないというのが問題。
一方的な思考ではやっぱり世の中渡って聞くのは難しいですよ。

もちろん自分のセンスも大事ですけどね。

 

流行にも流されないのは・・・これもまた一部の人間だけ

流行に流されないって聞くとまぁそういう人はたくさんいますよ。

でも流行(トレンド)って特に商売(仕事)では大事なことでは?

 

流行に乗っかって商売するってなんかパクリみたいで最先端性がないように一見感じますが、流行に耳を傾けることとまた話が違うんです。

 

ドン小西氏が番組で言っていたように、流行の中で自分なりのセンスで勝負する!ということ。

全く違った方向からのセンスではそっぽ向かれちゃいますよってこと。

 

これもまた少数派で全く違った角度から成功するって稀なケースはあるでしょうが・・・僕たち凡人の普段の生活ではその稀なケースってあんのかよ!っと。

 

流行に流されながらもその中で自分のセンスを出すという。
流行なのかから一部をピックアップしてってこれまた耳を傾けるのとおんなじこと。

 

要するに何をするにも自分のセンスだけで続けてると最終的には・・・ってこと

そう。

最初に述べたことと同じことで・・・終わってしまいますね。

 

ワンマン経営、ワンマン上司、亭主関白・・・考え出すときりがないですがどれもいつかは破綻しますよ〜ってことで。
何を今更そんなこと。

とは思うでしょうけど実際平成が終わろうとしているこんな時代でもまだまだそんな考えはウヨウヨ。

 

なんだかんだ言われてますけど結局人って一人ではないんですよっと。
少なからず誰かしらと関係性があり、真の一人だけではってことはないです。はい。

そんな周りに耳を傾け、流行も考慮し、そんな中での自分のセンスを発揮するってことが大事なんだろうなと感じました。

 

まとめ

どうでしたか?

一気に思いつくことバーっと書いたんでまとまってないことだらけかもですけど・・・まっそんな感じです。

 

そういやぁテレビって台本でしょうけどね。
わかってるんですけどね。

でもドン小西の口から出たことはあながち間違ってないんじゃね?!と会社に勤めてて思った次第です。

 

と・・・いうことで私も気をつけねばとw

スポンサーリンク