日本の6割超の企業が人手不足〜財務省の調査から見えてくるもの〜

スポンサーリンク

まぁ色々なツケでしょうね。

どうも整備士です。

 

本日ある調査結果が発表されました。
財務省の調査で全国の企業に筆で不足に関する聞き取り調査の結果です。

これを見てびっくりの反面、まぁそうだろうねぇ・・・。と。

どのような結果であったか?(もうタイトルに書いてるけど)なぜそんなことになったのかを自分なりに考えてみました。

 

 

企業の6割超が人手不足!

busy-880800_960_720

タイトルと同じなんですが、詳しくは63.2%の企業が人手不足と回答したようです。

そして中小企業に至っては・・・74.7%が人手不足と回答!

 

どこの会社も困ってるんですね〜。
というてるうちの会社も整備士が足りずに困ってるんで回答するなら「超人手不足です!」と即答やなぁ。

 

製造業で47.7%の人不足、非製造に至っては75.4%。
サービス業は特に人手不足が半端ないです。

特に、キツそうな飲食業や、需要の高まり半端ない介護福祉系の仕事なんかもかなりの人不足のようです。

 

 

なぜここまで人手不足なのかを考えてみた

0I9A105515030124meganechira_TP_V

全国規模でなぜここまで人手が不足しているのか?ちょっと考えてみました!

少子高齢化

誰もが知ってる少子高齢化。
既に労働力においてはこの波が押し寄せ始めていると思います。

特に今の40後半〜50歳代の方が一気に抜けていくのであっという間に労働者は減って、さらに人不足に陥ると思われます。

 

労働者を都合よく使ってきたツケ

今まで都合よく労働者を使ってきたツケかもですね。
長時間労働、サービス残業、安月給、非正規雇用、使い捨て。

年功序列も崩壊し始め、転職が当たり前になりつつある日本ですから、頭の良い人はさっさと転職なり、企業なりと。

そうすれば条件の悪い会社はどんどん人手不足に陥り、やがて潰れるでしょうな。

 

今まで企業のやりたい放題だったまさにツケ。

 

 

このまま人不足が続けばどうなる?

OZP_sorawomiagerusagyou1188_TP_V

上記で述べたようにツケの回ってきた会社は人不足によりどんどん吸収or倒産がいいとこでしょう。

その前に残った従業員で大量の仕事をこなすわけですから・・・長時間労働へと繋がります。
そしてイマイチな景気の中での会社運営。そして売上が少ないので給料も上がらない(安い)。でも仕事はたくさん入り忙しい。でも人手不足だから残業残業。

 

ザ・悪・循・環

 

今まで成長してきた大企業、中小企業もこの先をよく見据えて労働環境や労働条件、賃金を見直さなければ・・・どんどん条件の良い会社に人員を取られ。ご臨終。

 

 

会社だけでなく、一般人も困るけどね

man-272679_960_720

悪い会社がなくなることは大いに結構ですけどね。

でも会社がどんどん減っていくということは、競争相手がいなくなる。すると価格競争もなくなり、独占のような感じになり、物価が上がる可能性だって否めないと思われます。

人口も確実に減っていくので、会社は物が売れないから儲からない。給料は安い。会社は売り上げを取り戻すため値上げ。・・・とこれまた負のスパイラルに。

 

会社に文句を言いたくなりますけども、様々な会社の様々なサービスがあるからこそ世の中回ってんじゃないかなーと。

社会全体の問題でもあるので会社ばかりは攻めれません。

 

なんとかしろよボンクラ国会議員。

白紙の領収書なんぞ出しとる場合やないわ。と本音。
ま時既に遅し。ボンクラ連中も打つ手はないでしょう・・・。残念。

もしミラクルな手があって実行されたのであれば・・・

 

白紙の領収書ぐらい許す!

 

 

まとめ

ちょっと暗い話になってしまいました。

でも事実ですし、ボンクラ連中のように目を背けてはいけない問題かと。
一個人があがいてもどうにもならないことですよ。

少しでもみんながハッピーになれるようなことがあればいいんですけどねぇ・・・。

 

とにかく自分は一生懸命働いて、子供を育てるしかないのかなぁと思う次第です。

スポンサーリンク