家電や車、スマホなどでのグレードはどうする?〜お金をかけること、かけないこと〜

スポンサーリンク

さぁどっち!

どうも整備士です。

 

世の中には一つのものでも上から下まで。

さてどうしよう!?って悩んだことありませんか?

今日はそんな悩みを少しでも解決できる!ちょっとしたコツをお教えしますよ〜

 

 

工業製品のグレードの話。さてあなたならどうします!?

家電やスマホ、車ってたくさんの種類やグレードがありますわ。

さてあなたならどれにしますか?
たくさんのメーカーや機能などから一つを選ぶわけですが・・・なかなか難しいというか決めかねますよね。

例えばスマホ。
一言で言ってもAndroid端末はたくさん種類があって、iPhoneでも種類や容量がいくつかラインナップされてますわ。

さーてどれにしようと悩んだことありませんか?
あらかた決めていても実機を見たり、いざ契約となった時・・・ん〜どうしようって。

家電になればさらに悩む。
例えばテレビ。

これもまたメーカーからサイズから機能からとたくさんありすぎてどれにしようか・・・って
4K?フルハイビジョン?録画機能付き?Blu-ray付き?

車でもそう。
車種は決まっていてもカラーからグレード、装備まで。

これまった悩みの種ですわ。

 

現代は機械が自分に合わせてくれることを望む人が多い

機械が自分に合わせてくれる?

ちょっと言い方が?かもしれません。

 

要は人が便利だと感じるかどうかということです。
もっと簡単にいうと痒いところに手が届く的な。

工業製品なんかは特に人間が便利だと思うように作られ日々進化しています。

そしてそんな便利なものを見るとってか見ちゃうと・・・選んじゃいますよね!?
お〜すげ〜!!!

めっちゃ便利やん!!!って。
たとえ選ばなかったとしても結構悩んじゃいません?

現代の人は(といっても高度成長期からそうかもですけど)魅せられてしまうと便利なもの。機械がより自分に合わせてくれるものをついつい選んじゃいます。

 

でもこれってある意味企業の策略

ある商品一つに対して色々な付加価値をつけていきたくさんのグレードを作る。

これって企業の販売戦略でもあるんですよ。
元はどれも同じなんですわ。

ちょっとした便利だと思われる機能をどんどんつけることによって瞬く間に価格は跳ね上がる。

メーカーからしたら高価格帯のグレード商品が売れる方が利益はでかいですからね。

 

ほら。よく思い出してください。

CMでやってる、テレビ番組でやってる商品は大体が高グレードのものじゃないですか?
企業は利益率のより高い商品を売りたい!

ってことですわ。(まぁメーカー独自の機能を自慢したい!より買ってほしいと思うところももちろんありますけど)

 

周りに惑わされず自分にあったものを選ぶ

お店の人はそれはそれは売上が上がればいいのでね。
上位グレードの誘惑をしてきますよ。(中にはもちろん相手のことだけを考えてくれる店員さんもおるけど)

インターネットでもレビューを見ればやっぱりいいグレード(高価格帯)のレビューが目立ちますわ。
確かにいい!って思うけど・・・

 

でもですよ。

 

周りに惑わされることなく自分にあったもの。を買うことが一番でっせ。

いいものはいいんですけどね。
ほら。自分的にはムダやったなーこの機能ってことないですか?

それって絶対必要なの?ないと死ぬの?(究極)

いわゆる宝の持ち腐れ、豚に真珠。みたいな。

その上位グレードとの差額で違うものが買えたり、違うことに使えたりしますよ。

 

たかだか数千円、数万円だったとしてもそれはやっぱりムダでしかないかと・・・

 

どこで自分なりの線引きをするか?

さて悩みに悩んでどうしよう。

自分なりのここ!ってポイントをあらかじめ決めておくと良いでしょう。
どのようにしてポイントを決めておくのか?

それではちょっとしたコツを伝授しましょうぞ!

予算ありきで考える!

おそらく一番最初に出てくる話やろうと思われること。

予算

いくらまでとあらかじめ決めておくことが最もスムーズに購入できる手立てかと思います。
絶対に予算優先で考えれば予算内で買えるものを・・・ってなりますわ。当たり前やけど。

ここで予算オーバーをするものを見たとしてもその誘惑に負けないようにしなければいけませんよ〜!

譲れないもの、ことを設定して購入する!

スマホだと容量は64GBじゃないととか車だとパワースライドドアが両方でないと・・・

と譲れないものをしっかりと把握しておくこと。

それ以外はなくてもいいってことなんでしょ!
だったら余計な付加価値つくようなものはムダなんでね。

そこまで高グレードを求める必要はなし。

豪華一点主義の人は迷わず上位グレード!?

まぁ予算はいくらでもあるぜ〜って人はこの記事自体無意味になるんですけど・・・

豪華一点主義のあなたは一番上位のグレードの物を買えば問題なし!

悩む必要もなし!

決して安物買いの銭失い・・・にはならないように

高いものでなくていい!
それだけで買い物をするとそれはそれで危険。

安物買いの銭失いってことです。
あまりにも安物はやっぱり安物。

すぐに壊れたり、調子が悪くなったり。
それなりのものを買うということはやっぱり基本かと思われますわ。

それなりのものを買うと決めた時はそれなりだと思うこともまた必要です。

でも安物買いの銭失いにならないようにと高グレードは間違い

逆に安物買いの・・・の理論で高グレードのものを買うのもこれまたムダなこと。

いい塩梅のものって難しいかもしれませんが、両極端では。。。

売れ筋商品は本当に自分にあってるのかもしっかり見極める!

よく当店売れ筋!とかベスト○とかもありますけど・・・

あてにならないことも多々ありますわ。
赤信号みんなで渡れば怖くない的な考えもちょっとね。

実際買って使って見て満足、不満なしならいいんでしょうけど、あんまりそう思ったことないかも。

やっぱり使うのは自分。
売れ筋を参考にするのはとてもいいですけどね。

そこから自分にあったものはどれかを考えるのがいいのかもしれません。

 

まとめ

どうでしたか?

数々の誘惑に打ち勝ち自分にあったものを選ぶ。
なかなか難しいんですよね〜。

実際自分も買い物をする時予算と言いながらも・・・ええグレードの方がええやん!的な感じで。
あとあとお支払いで死亡的な経験がよくありました。

まっ悩んで選んでるうちが一番楽しかったりするんですけどねw

でもそんな誘惑に負けず悩まずバシッと決めたいな〜と思ふ管理人おじさんでした〜。

スポンサーリンク