子供に物を大切にすることを教える方法!〜こんな時代だからこそあえて実行!〜

スポンサーリンク

貧乏くさいですけどね!

どうも整備士です。

 

まだまだ家族に迷惑をかけてるとんでもオヤジの自分ですが、子供にどうやったら物を大事にすることを覚えてもらう。
知ってもらえるのかなぁと考えてるんですよ。

色々試行錯誤してるところですが・・・これが一番効果的というか子供に知ってもらえるかな?と考えあることを実行しています。

今日はそんな子供に物を大切にすることを教える方法をご紹介!

 

そもそもなぜ物を大切にすることが良いことかと思った理由

それはですね。

物を大切にできる!=

  • お金を大切にできる
  • 人間関係を大切にできる
  • 環境を大切にできる

 

と思っているからで。

あっ。根拠とかないですよ。
勝手な思いですわ。

まぁ環境は説明しなくてもわかると思いますけどね。
比較的簡単なものを大切にすること・・・から発展してこれらも大切にできるのではないか?と。
要は意識の問題?

 

靴下に穴が空いちゃった!さてあなたならどうする?

自分の靴下ってよく親指に穴あくんですよねー。

なんか自分だけのような気がするんですけど・・・なんででしょう。

 

まぁそんなことはさておき、そんな穴の空いた靴下・・・あなたならどうしますか?

 

そんなもん買い換えるわ!!!って人が大多数ではないのかな?と勝手に思っていますよ。多分。
自分は子供の目の前でそんな穴の空いた靴下を縫って修復しています。

仕事柄修理は好きというか得意分野なんでなんてことないですし。

 

物にありふれ、価格も安いのにあえてする!

そうですよ。

靴下なんか安いですよ。
仕事用の靴下なんて5足で1000円しない激安なものもありますし。

買い換えたほうがいいかもしれませんがあえて自分は修理します。
だって買いに行く手間とか考えたら修理したほうが早いし、わざわざ靴下買いに行くのもねぇ。

と。まぁそんな面倒な部分と、子供に物を大切にしてほしい!という教育上の理由もあり、あえての修理ですわ。

 

親の背中を見て育つ!?そんな自分も親から教えられた

実はこの靴下修理。

自分の亡くなった母親もよくやっていました。
+貧乏だったということもあるんですけどね。(本当に貧乏だったかは定かではないが)

よくうちの親はお金がない、とか物を大事にしなさいとか色々言ってて、そんな親の発言、行動に言い方が悪いけど自分は洗脳されてたんでしょうね。

 

でも自分はそんな親の教えは間違ってないと思ってますわ。
今貧乏ですが、そんな教えのおかげで耐えれてますしw

今となってはもう墓の中なんで聞けませんが、物がありふれ、贅沢な時代だからこそ大事なことなんではないのかなと。

 

これからは物を大切にすることは環境にも優しいということも教えたい!

まだまだ小学2年の娘なんで物を大切にすることが環境にも優しいなんてこと理解できないかなと。

ですがこの先、理解できる年頃になってきたら娘たちにはそんな教えもできたらなと思って見たり・・・。

 

ものすごーくちっちゃなことですよ。

普通の人が聞いたら、それぐらい!なんて馬鹿にされることなのかもしれんけど、

子供達の未来の環境のためにも自分は、物を大切にすることを実行し続けたいと思う。

 

まとめ

ちと貧乏くさいお話だったかも。

でもそんなビンボくさい話でもいいと思ってますよ。
こんなことでも子供に大事なことを教えられるので!

同感できるあなた!ぜひやって見てください!自分が証人です。

 

とはいえ・・・靴下破れないとできんので破れるまでは待ちで!

スポンサーリンク