会社辞めました。あっ辞めます。〜手順とお作法〜

スポンサーリンク

この時がやってきたで!

どうも整備士です。

 

自分は現在プロフィールにもあるように車の整備士をしておりますが、昨日辞める宣言を会社にしてきました!

会社を辞めるって体力使う会社もあるようですが、すっきりさっぱり辞めました。
自分はどのようにすっきりさっぱり辞めたかをご紹介しようと思います。

 

 

当たり前ですがまずは周りを固めておく

friends-1013856_960_720

まずは大事なこと。ってか当たり前なことかな?

辞めるにあたって先のことを先に準備しておきます。

 

辞めた後の働き口や引越しをする人は引越しの手配、自分は島を出ますので船の手配、子供の小学校への転校宣言等です。
先のことをしっかり決めた上で退職宣言をするようにしましょう。

そしてもう一つは、自分の会社の場合現場の人間と経営者側とがあまりにも隔たりがあるので現場の人(仲の良い人や、直属の上司)なんかにいついつ辞めることを話しました。

 

 

辞表を作成し、会社(経営者)に辞める意向を伝える

AL001-eoreonaka20140830_TP_V

辞表はもちろん作成し提出するのですが、いきなり辞表提出するのも相手をびっくりさせてしまうのでまずは会社にいついつ辞めたいという意思を伝えます。

ちなみにこの意向を伝える時期。最低でも退職する日の2週間前にはした方が良いです。
民法の任意退職では2週間前までにとありますので。

ただ注意が必要なのは就業規則等で退職したい場合は30日前(1ヶ月前)に宣言してね!って規定されてる場合があるのでその辺を早めに確認してから行動するようにしましょう。

 

辞める意向を伝える時も毅然とした態度で臨みましょう。
いろいろ言うてくる上司、会社、経営者もいると思うのでその辺はさらっと聞き流しながら自分の意思をはっきり伝えます。

この辞意を伝え辞めることが決まった時、しっかりと有給休暇の話もしときましょう!
ちなみに現在勤める会社は有休って何?美味しいの?状態なのですがしっかり有給休暇と余った休暇は清算(買い取って)してくれということをしっかり頼んどきました。

ちょっとでもお金になったり、体をゆっくり休めたりできればいいですしね〜

その後自分の場合は辞表を提出します。←まだ辞表出してない。笑

 

 

あとは淡々と業務をこなしつつ引き継ぎ、片付け

さてここまでくればあとは退職日を待つまで。

それまでは淡々と業務をこなし、特に大事なことは自分が受け持っている仕事の引き継ぎです。
退職後、最低でも周りの人たちに迷惑かからぬようその辺はしっかりと。

そして身辺も整理し始めます。

整理してると結構なゴミってかこれいつ使うねん?ってもの結構出てくるんですよね。(退職あるある)
じゃんじゃん捨てて整理してしまいましょう!

 

 

まとめ

会社を辞めるにあたっていろいろ考えなきゃいけないこともあって疲れちゃうかもしれませんが、疲れないようぼちぼち進めていくことが大事です!

 

ということで私事ですが、来週末で退職します!

あ〜スッキリした!

スポンサーリンク