ブラック企業から弱ホワイトに転職して感じたこと

スポンサーリンク

楽っちゃ楽になりましたよ!

どうも整備士です。

 

過去ブラック自動車整備工場で働き弱ホワイト現在の職場に転職(とはいえ元の業界に戻った)したんですけども・・・

あ〜やっぱり違うよねって思ったり。

 

ブラック企業耐性のになった体質はどうなるかなぁと思ってたんですけど楽の一言。

 

今日はそんなブラッキーから弱ホワイトに転職した自分が感じたことなどをお話しします。

 

ブラック企業に染められてからの弱ホワイト企業

完全ブラックの会社。

 

有給なし、低い賃金、サビ残当たり前思考、脅迫と最高の環境だったわけですが、

 

少なからずそのブラッキーな考えに染められるんですよね。
染められる?何それ?的な感じかもですけど

要は、これが当たり前。スタンダートである。

超ホワイトからの転職で初期の頃ははぁ〜!?ってなことがたくさんすぎて萎えてましたけど、人って怖いもんですわ。

 

どんな環境にも適応できる!

 

という自分はスーパーミラクルな体質であることが判明w
通常であれば鬱になっちゃったりとか速攻でやめたりとか・・・

自分の場合は家族もいて、島に移住して、しかも島中ブラック企業しかない!ということもあり辞めるにやめれないんですけどね。

 

まぁ適応してはいたものの文句は人一倍言ってましたけど。

 

そして今の職場。

残業代も申請すればちゃんとつくし、有給もある。

 

まっ普通のことなんですけど・・・

 

ブラックから転職するとそんな当たり前のことがお〜!すげ〜!ってな感じで。

 

これが多分ブラック企業で飼いならされた後遺症だと思いますわ。

 

全てにおいて楽になった気がする!

そんな当たり前のことにお〜!となりながら働き始めると・・・

色々楽であることにも気づく。

 

休憩時間ゆっくり休憩できる

これも当たり前の話なんですけど・・・

休憩があってないようなものだったので、今はほんと楽。
以前の職場の休憩なんか誰にも見つからないようにこっそり的な感じで休憩してましたし。

一体何やねんって思ってましたけどね。

仕事自体も楽に

仕事の内容もです。
ひっきりなしに体を動かして座ることすらめったになかった以前の職場。

足は痛いし、寒いし暑いし。

とにかく体力的にしんどかったという記憶しかない。

現在は管理職候補ということもあり、現場作業が少なく、事務系の仕事が大半。
一気に体力的な問題は解消したけど、まぁ今回は精神的な疲れが襲ってくる模様。

まっ。贅沢かなと思ったり・・・

上司の無理なお願いも聞ける余裕がある

これ結構違いますよ。
休みが増え給料もまぁそれなりの水準になると心にも余裕ができるのか・・・ちょっとした無理なお願いもすんなり聞けるようになりますわw

 

昔の

ファッッッ○!

 

と無視していた時代は何処へやら。

 

あっ。車屋辞めてよかったよと。

 

後遺症は特になし!

ということでブラック企業から脱出した自分ですが、ブラック時代に飼いならされ後遺症とかあんのかな?と思っていたけども・・・

お〜!すげ〜!以外は

特になし!

 

でも今の環境に慣れてきちゃうとこれまた文句というか不満が出てくるんでしょうね。

それが人間ってもんですよ!
今の幸せを忘れずにはしておかんとなぁと思います。

 

まとめ

こんな感じですよ。

後遺症もなく元気に仕事ができるって幸せなんねと改めて感じた33歳冬。

 

でもね。
ブラックで勤めるってある意味自分には勉強になりましたし、今思えばちょっと楽しんでた部分もあったかも。
ま〜戻りたいのかと言われれば絶対戻りませんけどね。

 

スポンサーリンク