ドライブ中車の調子が悪い!〜トラブル別対処法〜

スポンサーリンク

なんかおかしいぞ・・・

どうも整備士です。

 

最近の車はだいぶトラブルがなくなりました。
でもやっぱり車。乗りっぱなしでは調子が悪くなることももちろんあります。

今回は車でお出かけ中に車の調子がおかしい!トラブった!って時の原因と対処法などを一部ではありますがご紹介。

 

 

エンジンがかからなくなった!

man-211505_960_720

お出かけして駐車場に車を止め用事を済ませてさて出発!!!

って時にキーをひねってもエンジンがかからない。
未だによくあるトラブルなんですがさて原因は?対処法は?

 

原因

一番多い原因としてはバッテリ上がり。
ライトをつけっぱなしだった。室内灯をつけっぱなしだったというのは今の時代でもよくあること。

そのほかの原因としてはバッテリ劣化による突然死。
結構知らない人が多いんですけど昨日まで元気に見えたバッテリ。実は弱ってたりするんですよ。

定期的にバッテリも点検し、早めの交換をお勧めします。

 

その他にセルモータの故障、スタータリレーの故障、キーシリンダー周りの故障なんかもあります。

 

対処法

まずは原因を見つけるためにキーを回してみましょう。

キーをひねってエンジンがかかるポジションまでキーを回した時、メーター付近の電気周りの状態はどうですか?
キーを回した時電気が暗くなった!消えた!って時はバッテリ上がりが疑われます。

そんな時はブースターケーブルを周りの車から繋いでもらいでエンジンをかけましょう。
たまに完全にバッテリが死んでいたり、救助してもらう車のバッテリが小さかったりするとエンジンがかからない場合もあります。

それでもかからないようであれば、近くのディーラーやJAFを呼びましょう!

 

続いてはセルモータ故障の場合、エンジンキーをひねってもメーター周りの電気はそのままの状態が多いです。
そんな時はエンジンルームのセルモータをハンマーでひと叩きしてみましょう!

もし人がいればエンジンキーをひねっている時にセルモータを軽く叩くと・・・セルが一時的ですが復活しエンジンがかかります。(一か八かになりますが)

もしエンジンがかかったらそのまま修理工場へ。次エンジン止めたら・・・かからなくなる可能性大です。

キーシリンダー周りの故障の場合は、気をひねりながらキーを揺すってみます。それでもしエンジンがかかるようならキーシリンダー周りの交換になるのでこれもまた早めの修理が必要です。電気周りは火災の危険性もあるのでね。

 

 

走行中なんかランプが点灯、点滅したぞ!

IMG_4983

メータには様々な警告灯や注意灯などがついています。

詳しくは各車の取説を参照してください。

一般的につきやすい警告灯、注意灯としては、
ブレーキ警告灯、ABS警告灯、エンジンチェックランプ、オーバーヒートランプ辺りです。
今回はこの4つの警告灯、注意灯について原因と対処法を。

 

ブレーキ警告灯

原因

ブレーキ系統に異常がある時に点灯します。また、サイドブレーキが効いている時も通常点灯します。
異常がある場合は、ブレーキオイルの不足(または漏れ)が一番多いです。

 

対処法

点灯した場合、まずはサイドブレーキが解除してあることを確認してください。
それでも点灯している場合は、エンジンルームのブレーキオイルのレベルを確認しましょう。入っていない場合は補充すれば良いのですが・・・ホームセンターなどで入手するのが一番早いかと思います。

ただブレーキオイルが減っている=どこからか漏れている可能性が高いので修理工場や、JAFを呼ぶ方が安全策です。

 

ブレーキオイルがないと最悪の場合ブレーキが効かなくなり・・・100%事故りますよ。

 

 

ABS警告灯

原因

ABS系統に異常がある場合に点灯します。
よくあるトラブルとしては、センサーの故障、断線ですかね。

車が古くなればなるほど、電気系統も可能性としては出てきます。

 

対処法

走行中や停車中にもし点灯しても最低限の走行に支障はありません。
この警告灯が点灯すると、ABSの機能が停止します。ようはABSが効かなくなります。でも安心してください。ブレーキは聞きますので、安全運転で修理工場などに持ち込みましょう。

 

ただ一つ注意が必要なのは、ABSとブレーキの警告灯が両方点灯している場合。
この場合はABSだけが故障しているとは限りません。
そういった場合は走行は控え、修理工場やJAFに連絡し引き取りに来てもらった方が良いです。

 

 

エンジンチェックランプ

原因

エンジン周りに異常がある時に点灯または点滅します。
様々な要因でチェックランプが点灯、点滅するのでこれ!と断定はなかなか難しいです。

よくあるトラブルとしてはO2センサーの故障かな。

排気ガスを測定しているセンサーなんですが、これが故障してエンジンチェックランプが点灯することが比較的多いです。
この原因の場合だと大抵エンジンは普通にかかり、普通に走行もできます。

 

対処法

排気ガスセンサーの場合、センサーは排ガスの状況を監視し、エンジンに流れる燃料の量を調整していて、このセンサーが壊れることにより若干燃費が悪くなるくらいで特にすぐすぐ大きな問題はなし。(厳密に言うと色々あるんですが割愛)

ただ環境にも車にもよろしくないので早めに修理した方が良いです。

 

そのほかにもいくつもの原因でチェックランプが点灯することがありますので、もし点灯しエンジンの調子が悪い(いつもと様子が違う)のであれば走行は控え修理工場に入庫した方が良いでしょう。

 

オーバーヒートランプ

原因

エンジンを冷やす冷却水がある一定の温度を超えた時に点灯します。
どんなことが起こっているかというと、冷却水が減った(無くなった)、冷却水系統の圧力が下がり沸騰してしまった場合に点灯します。

通常この冷却水はほぼほぼ減ることはありません。(厳密にいうと少しずつ減りますが)冷却水が大幅に減った、無い。ということはどこからか冷却水が漏れている可能性があります。

また、ラジエターキャップという部品が冷却水系統の圧力を保っているのですが、何らかの原因により圧力を保てなくなり、冷却水が沸騰してしまった。という感じです。

 

稀にラジエター(温まった冷却水を冷やす大きな部品)に冷却ファンがついているのですがこのファンが故障してオーバーヒートしたという車もあります。

 

対処法

オーバーヒートランプが点灯した場合はすぐ安全な場所に停車し、エンジン(冷却水も)冷ましてあげます。
エンジンを止めず、ボンネットを開けてまずは冷却水のリザーバータンクに水が入っているかを確認。もし空っぽであるならば冷却系統にも水はない可能性もあるのでエンジンをすぐ止めて冷まします。

もし水が入っているのであれはエンジンをかけたまま水を循環させエンジンを冷まします。

 

ある程度落ち着けばオーバーヒートランプは消えますが、消えたからとすぐ走行すると・・・おそらくまたオーバーヒートランプが点灯します。

 

エンジンが冷えた状態で冷却水の代わりに水を入れて一時的にしのげるのですが・・・注意が必要です。
いきなりラジエターキャップを開けてしまうと冷却水が残っていた場合は吹き出る可能性があります。

100℃近い冷却水が体にかかると・・・もうおわかりですよね。火傷間違いなくしますから開けないようにしてください。
リザーバータンクに水を満タン入れるか、冷却水が冷えてからキャップを開け水を足すようにしましょう。

またいきなり暑いところに冷たい水を入れるとエンジンを痛めてしまう事もあるのでエンジンが冷めぬうちに一気に冷たい水を注ぎ込むのも厳禁です。

 

ということでオーバーヒートの場合は、車に詳しくない限りは対処しにくいかもしれません。おとなしく修理工場やJAFを活用した方が良いかもしれません。

 

 

パンクしてしまった!

tyre-1714669_1280

パンクはよくある事。
走行中、停止時パンクを発見したらどうしますか?

大方の人はわかってるとは思いますがここでおさらいです。

 

停車中にパンクを発見

駐車場などでパンクてるのを見つけた!って時は慌てずスペアタイヤに交換しましょう。
まずは場所の確保から。作業に安全な場所で周りに迷惑をかけないように・・・。

そして最近の車はスペアタイヤを積んでない場合が多くなってきました。
パンク修理キットという道具が積んであります。

 

内容としては、

  • 電動の空気入れ
  • パンク補修用の溶剤
  • バルブコアのツール

です。
使い方わかりますか?取説にも詳しく載っているので再確認してください。
そしてこのパンク修理キットの弱点が。

一つは大きな穴が空いてしまった、サイドウォールに穴が空いた場合は役に立たない。
もう一つはこの修理剤を入れたらタイヤは100%交換。

なのでもし修理キットで補修できない場合は諦めて修理工場などに連絡を。

 

一般道を走行中にパンクしてしまった!

そんな時は慌てず落ち着いて安全な場所に停車します。できれば道路からは離脱してください。
道路上で(脇含む)停車してタイヤ交換はなるべく避けた方が良いです。

 

後続車に轢かれる可能性もありますので。
できればどこかの駐車場などに入ってスペアタイヤ、補修キットにて補修しましょう。

 

高速道路で走行中パンクしてしまった!

これが一番危険な状態です。
まず100キロ近くで走行中にパンクしたら事故る可能性大です。
ハンドル取られるわ、ものすごい振動だわでパニックになるかもしれません。

 

落ち着いて路側帯に車を停車させます。急の付く操作は厳禁です!

 

停車しましたら載ってる人間は直ちに助手席側のドアから高速道路のガードレールの外側などに避難を即開始します。
決して車には残らないように!

そして運転手は三角表示板や、発煙筒を用意し、車はハザートをつけて後続車に故障者がいることを知らせてあげます。
この時も決して道路には立たないように・・・。ひかれますから。

ちなみにこの三角表示板。高速道路上でもし故障して持っていなかった場合。道路交通法違反となりますので積んでおくのがいいです。

 

そして携帯か、最寄りの電話機まで行き通報します。

絶対に高速道路上でタイヤ交換はしてはいけません!

 

過去にタイヤ交換や、道路上に出たり、故障車両の中で待機していて後続車に轢かれる、追突されると言った事故が起きています。

まずは安全を確保しつつ、後続車に知らせるようにしましょう。

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

技術が進歩しだいぶ車の故障も減ってはきています。が、やはり機械です。故障はつきもの。

万が一のこともありますので車の所有者はこう言ったトラブルがあるかもしれないと注意して乗ることも大切です。

 

まっとにかくわからない!となってしまったら安全を確保し、すぐに修理工場やJAFなどに連絡し助けを求めるのが一番でしょう。

 

一つ注意があるのですがここに書いたこと全てではありません。
もしかしたら違う原因で故障した!ってことも十分ありますので参考までにしてください。責任取れませんので悪しからず・・・。

それでは安全で楽しいカーライフを〜!

スポンサーリンク