【要注意!】自分でスタッドレスタイヤに交換するときの注意事項〜自信のない人は車屋さんへ〜

スポンサーリンク

関東は明日雪だってよ!?

どうも整備士です。

 

明日から寒いみたいやねぇ〜!
自分の住む地域は滅多に降る地域ではないのでそこまで心配はしてないけども・・・明日から1週間極寒となるようで。

 

ちっと寒いのは苦手やから勘弁してほしいわ。(まぁ暑いのも苦手なんやけど。)

雪の降る地域の人なんかはこれからスタッドレスタイヤに変えるゼェ〜って感じやろうけど、自分でやるときには注意をしんと・・・最悪死亡事故になりかねないんで今日はそんなスタッドレスタイヤに交換だぜボーイず&ガールずに注意事項を伝授!!!

 

あっ。できませーんって人は自力は諦めて素直に車屋さんやオートバックス的なところで変えてもらってね。

 

危ないから。

 

タイヤ交換時の注意事項

作業を始める前に一番大事な注意事項。

これ守らないと真面目に死ぬかもしれんので。(最近もジャッキアップ中の死亡事故があったし!)

使用するジャッキはなるべくフロアジャッキを!

タイヤ交換するにあたって車を持ち上げるジャッキ。

結構車に積んである純正ジャッキでジャッキアップする人を見かけるけど・・・

jackscrew

正直オススメしません!

 

なんでかって?

見てくださいよ上の画像を。マックス上がってる状態の画像ですが、めっちゃ安定悪そうに見えない?

実際、めちゃめちゃ不安定!

一回ジャッキ外れて危うく・・・ってこと実際経験してるんで。

 

パンタグラフジャッキってコンパクトに収納できるというところが一番の売りというか、機能というか。
あくまで緊急時に使うものなんでなるべく使うことはしないほうがいい。

じゃ何であげんのよ?

 

フロアジャッキがパンタより安全でオススメっす。

 

これ。

見たことありません?

ちなみに4000円前後で購入することができるので、自分の命が4000円で守れると思えば安いもんでしょ?

 

上げ下げも車載のジャッキよりはるかに楽やし、安全性も安定性も高いのでオススメ。

 

あっでもこれ油圧なんで使う前にジャッキの点検を。もし油漏れなんか起こしていたら上げてる時に・・・ってこともあるから。(まぁ油漏れてりゃ上がらんだろうけど。)

 

ジャッキアップ後は必ずウマをかませる

ウマ?馬?

ホース!

 

これがウマ。

正式名称は・・・ジャッキスタンド!

ちなみにこちらは2個でワンセット約3000円くらい。

 

3000円で自分の命守れるなら・・・ってしつこいですか?

えと、ジャッキアップ後に車のジャッキアップポイント付近や、フロア(車のお腹)の構造部分などにこいつを当ててあげる。
さっきのフロアジャッキも完全ではないので、フロアジャッキで上げたのちウマをかませてあげるのが一番安全で正しい方法なんですよ。

 

えっ?そこまで予算がない?

 

じゃぁ諦めて。

 

というのは可哀想なんで最低ぜっっっっったいしなきゃならんことを教える。
でもこれはあくまでも最低限の方法であり、車が壊れたとか自分が怪我をした!なんてことが十分あり得るのでオススメはしないし、責任も持てない。

だから教えちゃいけないとは思うけども、最悪死ぬことは免れると思うからこっそりね。

 

その方法とは、ジャッキアップ後ジャッキ近くにホイル付きのタイヤを置く!これだけ。

 

地面と車の間って結構クリアランスがないので、もし万が一ジャッキが外れても車体の下に置いたホイールが車体を受け止めてくれて、自分が潰れない程度のクリアランスを保てる。ということ。

しつこいけども、この場合怪我する可能性もあるし、ホイールや車が傷つくのでオススメは絶対しない!

完全自己責任で。

 

ホイールのナットを緩めたり締めたりするのに足は絶対に使わない!

これ未だにいますわ。

ホイールのナットが固くて・・・締め付け具合がわからないから・・・

 

なんて理由でレンチの上に足かけて体重で緩めたり、締めたり。絶対しないで!

 

なんでってハブボルトがイカレるか折れてしまうから。

wheel-hub

↑ちなみに5つ出てるのがハブボルト。

足で締め付けたり、緩めたりするとこのハブボルトが確実に悪くなり、最悪ネジ山がバカになったり、折れたり・・・。

 

折れたら最悪ですわ。整備工場行き。

なので必ず手で緩める!締めるを徹底してね。

 

実際折れただのなんかおかしいだのとお客さんが過去に数台入庫してるので要注意ですよ。

 

タイヤを外したらなるべく早くタイヤをつける!

さてフォロアジャッキで上げて、ウマもかませて、手を使ってナットを緩めて、タイヤを外して・・・

 

あっ。

ってどっか行かないでくださいよ。

 

上げっぱ、タイヤ外しっぱで車をほったらかしにして置くと危険!

ジャッキが外れて、ウマが外れて・・・車が・・・ってもーしかしたらあるかも

 

ということであげる前に交換するタイヤを近くに用意して、外したら有無を言わさずさっと取り付ける。
なるべくね。

 

ホイールナットは正規のトルクで締付ける!

トルク?

わからなかったらやめてね。

 

トルクとは簡単に言えば、ナットを締付ける力のこと。

ホイールを締め付けているナットにもちゃんとトルクの指定がありますからね。
各メーカー、車種等によりトルク値は違いますから締めすぎ、緩すぎには注意を。

一般的には、100N・mくらい。

締め付けすぎるとハブボルトが折れる。
緩すぎると・・・最悪走行中にタイヤ外れる。←これが一番やばい。

ので、自信のない人はトルクレンチという道具を使って締付けるように。

安いもので4000円ぐらいで買えますから。

 

 

これが守れなかったら・・・

やらないほうがマシ。

プロにお金払ってやってもらいましょう。

 

ちょっとケチって・・・

さらに出費増大。怪我する。最悪命を落とす・・・。他人様に怪我を負わせる。

 

少しでもわからないとかある場合も必ずプロへ。
そのためのプロやからね!

スポンサーリンク